種子02 of 彫刻工房 くさか


rogo1.jpg彫刻工房 くさか
あなたの生活空間に芸術作品を!「想い」を「かたち」に!

016種子-’02.jpg



題名 ・・・・・ 『 種子ー’02 』




white.jpg寸法 ・・・・・ 高さ90×幅85×奥行き45(cm)

材質 ・・・・・ 黒御影石  伊達冠石

価格 ・・・・・ 1,231,000円(税込)
         1,140,000円(本体価格)

制作年 ・・・ 2002.4





作品制作の意図(思い)

『 私は、植物の種子というのは、
 これから芽生える「生命」が充填された
 カプセルだと感じています。


 種子は、自ら芽生えるために条件の整った
 ふさわしい場所を求めて、時空間を旅します。


 この作品では、種子の発芽の「予感」を
石のかたちにいれた、スリット(空間)で表現しました。




 「予感」という、目には見えないモノを
 「空間のかたち」で表現したいと思いました。


 石と空間の関係、
ポジティブ(実)とネガティブ(虚)の関係によって
「予感」というものを感じていただけたなら、
 とても嬉しく思います。




 この作品で、発芽の予感をはらんで立っている種子は
 私、あるいはあなた自身、

 そして台座は、その種子を目覚めさせる大地と考え、
 作品全体で風景を表現したいと思いました。

 「予感 」を内包する種子も、それを芽生えさせる大地も
 どちらも生きているということを
 何かしら、共鳴・呼応しているように
 表現してみたいと思いました。




 赤ん坊は、生まれた時の記憶を持っているといいますが、
 そんな風に誰しもが、心の中に
 何かしらの原風景をもっているのだろうか?

 もしあるとするなら、それはどんな風景なのだろうと
 思いながら彫っていました。


 この作品を見て下さる方、それぞれが、
 ご自身の心の中へ、深く深く、立ち帰ることができるような、
 自分自身との対話時間を持って頂けたら、
 私はとても嬉しいと思います。』